対談・インタビュー
Legal Professionals
臨床法学教育特集



2006.6.29(井桁大介、犬童淳平、趙誠峰)

2.第一のキーワード−「法科大学院教育」(続き)
◆司法研修所に対して人々が抱いてきたイメージ


学生: 私は、研修所においてどのような授業が行われているかに関して、具体的なイメージがないのですが、結論はこっちだ、筋道を推し進めるとこうなる、といった授業なのでしょうか。法科大学院における議論は、幅広いといいますか、実務に関してかなり批判的なことでもオープンに議論しているのですが、研修所においてもそういったオープンな議論は行われるんでしょうか。

村田: オープンというのは、どういう面でのオープンという意味でしょうか。

学生: 先ほど山野目先生がおっしゃっていたように、今までの研修所のイメージというのは、誤解なのかもしれませんが、実務の現状をたたき込むというイメージがありまして、仮にそうだとすると、そこには議論の余地はあまりないのではないか、そのような面についてです。

村田: そういう意味では、オープンな議論はできます。例えば、実務はこういう点で問題であるから、こういうようにした方がよいと思いますというような議論は大歓迎です。司法研修所の教官は、現在の実務が最善だとは思っていません。修習生になって、実際にみてもらうと、司法研修所あるいは裁判所では、それぞれ、いろいろなところで、実務のあり方を改善しようというような動きや議論をかなりしてきています。
 そういう意味では、研修所においても、実務への批判には非常にオープンに対応しています。ただ、司法修習生や法科大学院の学生にまず心掛けて欲しいことは、実務の現状を正確に知るということです。

 実務を批判するためには、実務はなぜそうなのか、結論として実務はこうだというだけではなく、それはなぜそのように考えているのかということを知ってから、批判すべきだと思います。ともすれば、学生は実務を知らないでこういう学説があるじゃないですか、この学説の方がいいじゃないですか、何故この説を採用しないんですかと批判してくるわけですね。しかし、まず実務はこういうことになっていて、この理由はこうですよということを理解する。その上で、それでもやはりここはおかしいですよというような議論だと、建設的な議論でよいと思いますが、いや、結論がおかしいからこっちの学説でいいじゃないですかというような議論ですと、建設的な議論になりませんので、そのような場合には、もう少し判例をきちんと勉強してから議論しましょうと言っています。ですから、実務のあり方とか、実務の考え方の根拠を知ったけれども、やはりそれを考えてもこういう考え方がいいですよと、一理ありますよという形の議論は、非常にいい議論だと思います。そのような議論は、むしろ教官として積極的に勧奨しているくらいです。何の根拠もなく、実務の伝統的なあり方は墨守すべきだとか、判例には何が何でも従うべきだなんていう考え方をもっている教官や裁判官はいないですね。それは、声を大にして申し上げたいですね。


山野目:
 私の限られた経験の範囲ですけれども、司法研修所の教官の先生方といくつかの場面で議論する機会に恵まれたことがありますが、実際に議論して感じることというのは、まず、司法研修所での議論の仕方というのはシャープですよね。ただ、外から見た人々が往々感じるイメージは、シャープではなくて、スクエアなイメージを持つんですよ。非常に硬直的なイメージを持たれがちなんですが、一緒に議論をすると、スクエアではなく、シャープさ、つまり鋭利さがあって、議論が非常に細かくとぎすまされていくもんで、それが逆に、堅いんではないかというイメージを持たれがちなんですけれども、あれは、べつに閉じられた議論なのではなくて、とことん理論的に突き詰めましょうというのを大切にした結果、ある種醸し出される雰囲気なんだと思うんですね。

 今まで司法研修所と大学の教育が交流する場面というのは非常に限られていたためもあって、偏見が非常に増幅されるというか、拡大再生産されてきた部分があるんですけれども、これからは、司法研修所のほうも、外に向かってオープンにいろいろなものをアピールしていく努力をなされるんでしょうし、そうすると、そういう見方は今後かなり変わっていくんではないかと思いますね。


村田:
 これまでの司法研修所に対する誤解が解消されることを大いに期待しています。






< 前のページへ | 対談のトップへ | 次のページへ >