対談・インタビュー
Legal Professionals
臨床法学教育特集
分配可能額計算システム



<2> 東京南部法律事務所


今回は、著名な労働事件など数多くの人権課題に積極的に取り組んでいらっしゃる東京南部法律事務所を訪問し、お話を伺ってきました。


1. 東京南部法律事務所について

――本日は訪問を受け入れていただきありがとうございます。今回は塚原英治先生、杉尾健太郎先生、芝田佳宜先生にご協力いただきます。どうぞよろしくお願いします。早速ですが、東京南部法律事務所の概要について説明していただけますか。

塚原: うちの事務所は弁護士17人と事務局12人でやっています。パートナー、アソシエイトという区別はなくて、事務員も含めて全員がパートナー。弁護士の給料を決めるのにも事務員が平等に一票を持っています。それはこの事務所を作った1968年から38年、基本的な精神は変わっていません。大事なことは、事務員も全員参加する会議で決めています。

――そういう風にしていると、事務員の方の事務所運営に対する意識も高くなるのでしょうか。

塚原: もちろんですが、昔ほど積極的ではないですね。経営の感覚を持ちうるかといえば、それはなかなか今の若い事務員には難しい。

――当初の趣旨は、事務員も弁護士も経営に主体的に関わるようにすることが目的だったのですか。

塚原: 目的と言うより、皆で作った事務所だから当然だという考えですね。

――年齢層に幅はあっても、それぞれの先生は発言権など立場的には対等なのですか。

杉尾: 建前上は(笑い)。僕が塚原先生にタメ口を聞けるわけではないです(笑い)。冗談はさておき、運営上の権限という意味では対等ですよ。



塚原: その辺はまったく本人の力いかん。僕は入った年に、事務所の10周年記念行事と移転のプロジェクトのリーダーとして、先輩にあれやれこれやれと指示していました。その他のことでも、上が先輩風吹かせて命令したりすることはなかった。皆若かったせいもありますけれど。

――今の若い弁護士の方もそういうことに積極的に関わっているんでしょうか。

塚原: 前期の運営の責任者(運営委員会議長)は下から4番目の弁護士だった。僕も入って3年くらいでやりましたよ。

杉尾: 特にトップダウンみたいなことはないですね。

――話は少し変わりますが、特に新人のときの仕事のやり方とか、この事務所ではその辺はどのようにしているのでしょうか。

杉尾: 新人弁護士は、登録してから半年間は、事件の受任にあたって先輩弁護士と共同受任することにしています。先輩弁護士と必ず組んで、事件をやります。

塚原: それはここ15年くらいだね。それまでは、「うちは弁護士を採っているのであって、修習生を採っているのではない」というのが原則だから、入ったその日から1人で相談も事件も担当していた。そういうことではちょっと危なくなってきたので、半年は仮免期間にして法律相談を2人で受けるようにした。

――事件の入ってきかたについて、事務所に対して事件が来るのか、個々人に来るのか、まあ両方あるとは思いますが、どの程度の割合になっているのでしょうか。

塚原: それはキャリアによって違うね。

杉尾: うちの事務所の特徴として、日直制を採っていることが挙げられると思います。日直というのは、例えば今週の月曜の午前中の2時間はだれだれの担当という風に、日直に入るんですよ。うちは一見さんお断りの事務所じゃなくて飛び込みの相談も受け付けるので、そういう人から電話がかかってきて、何曜日の何時頃都合がいいと言われると、そこの枠の日直担当者に事件が配点されるわけです。あとは、僕も4年目に入ったので、最近は多少お客さんからのご紹介も何件か入ってきています。上の期の先生はご指名が多いかと思うんですけど、新人は、当たり前ですけど、指名なんかないから、日直で入ってくる事件をどんどん入れて、そこで自分のお客さんを増やしていくということになります。

――顧客への宣伝・アナウンスなどはなさっているのでしょうか。

杉尾: 事務所ニュースを送っていますね。

塚原: 年賀状・暑中見舞代わりのものです。


――大体何部くらい発行するのでしょうか。

塚原: 今は6000くらいかな。顧客名簿は10000を超えているけれど、全員に出してはいません。

杉尾: 基本的に各弁護士が、自分の顧客名簿を持っているので、この人に送ってくださいというのを毎年出すんですよ。

――それはどういう方が対象ですか。弁護士の方が判断するんでしょうけど・・・頻繁にお世話になっている方ということなのでしょうか。

杉尾: まあそうでしょうね。

――枚数の努力目標みたいなものはあるのでしょうか。

塚原: それはまったくないですね。出す挨拶状の数は人によって全然違う。宣伝する気のない人はあまり出さないし。

杉尾: もちろんキャリアによって全然違いますね。例えば仕事を始めて1年くらいだったら顧客名簿は100人もいってないだろうし。

塚原: 1000枚を超えて年賀状や事務所ニュースを出す弁護士と、別に宣伝をしたくないっていうタイプの弁護士と。それぞれのスタイルなので、どうしろとは誰も言わない。





次のページへ >